| 賃貸の用語集 | 引越しマニュアル | お部屋の借り方
引越しの手続きや準備、引越し祝いまで、引越しに必要な情報を集めました。

引越し業者の選定、手配から梱包までやることはたくさんあります。

引越しの前から引越しの後まで、転居手続きや電気・ガス・水道など各種手続きについて解説しています。

きちんとしたい旧居での挨拶と新居での挨拶。転居はがきも忘れず出しましょう。

引越し祝いの餞別と新築祝いについて。お返しは?
 
引越の際に必要となる登録・変更などの手続のリストです。
どこで、何日前から可能な手続きなのか確認して、計画的に引越をしましょう。
このページをプリントアウトして、ご利用ください。
■転出届・印鑑登録 転出届とは市外へ住所を移すこと。
転出の2週間前から受付可能で、旧住所の市区町村役所へ本人または世帯主が出向いて、「転出届」用紙に記入・提出する。
すると「転出証明書」が発行される。これは住所が変わる場合に転居場所への住民登録に必要。
そのとき一緒に印鑑登録が自動的に抹消される。必要なものは身分証明書や印鑑、国民健康保険証。
国民健康保険証… 「転出証明書」の交付時に返納。新住所にて改めて交付手続きをします。
※転出届を、提出しないで引越してしまった場合14日以内に届けなけばなりません。
■転居届 転居届は市内で引越しをしたとき。
引越した日から14日以内に本人または世帯主が市区町村役所へ出向いて、「転居届」用紙に記入・提出する。
必要なものは身分証明書や印鑑、国民健康保険証。
■転入届・印鑑登録 引越した日から14日以内に本人または世帯主が市区町村役所へ出向いて、旧市町村役所で発行してもらった「転出証明書」を提出する。
このときに印鑑登録の登録申請も出す。印鑑登録の登録申請には、登録する印鑑と顔写真付きの身分証明書が必要。
「転出証明書」を紛失した場合は旧住所地での再交付が必要。
国民健康保険証… 交付手続きをします。
■郵便局への転居届 引越しの1週間前までには、旧郵便局の所轄郵便局で「転居届」のハガキを入手。記入して投函すると向こう1年間転送される。
■新聞 引越し1週間前には新聞販売店に解約の申し出、集金の依頼を連絡し、精算にきてもらう。新居でまた新規に契約する。
■電気 旧居でブレーカーを下げ、新居で上げる。電力会社へは電話し、使用停止や開始の連絡をする。
新居の場合は備付けの電気使用申込書に記入し投函する。
■ガス 引越し1週間前には各営業所の担当者に連絡する。
使用停止日も、使用開始日も係員が訪れ、住人の立会いのもとにメーターの確認や閉栓、開栓作業を行う。
■水道 旧住所を管轄する水道局、水道課へ使用停止の連絡すると、使用停止日に係員が来てメーターの確認をしてくれる。
口座引落しの場合、新住所管轄の水道局へ事前に電話連絡しておけば、そのままの引落し可能。
■電話 移転はNTTの局番なしの「116番」へ連絡する。その場で新しい電話番号を選べ、工事の予約も入れることができる。
差し込み口まで電話線が来ている場合はNTT内部の回線工事だけで済むので立会いは必要なし。
新住居に電話線が引き込まれていない場合は、電話線を外から引き込む工事が必要なため、住人の立ち会いが必要。
■携帯電話 住所が変わったときは携帯電話についても連絡が必要。
電話連絡のみの場合と、書類を郵送してもらい、記入・提出が必要になる場合がある。
■NHK 0120-151515へ電話連絡。
■ケーブルテレビ 営業エリア外に移転する場合はだいたい10日前までに解約手続きをして精算や機材回収などを行う。
■パソコン それぞれのプロバイダのページに案内があるのでその指示に従って、電話や変更用紙取り寄せなどをする。
オンラインで変更手続きができるところも多い。
■運転免許証 引越し後に、所轄の警察署もしくは運転免許センターで、運転免許証の住所変更をする。
必要なのは運転免許証、印鑑、新住所を証明できるもの(新住民票等)。但し、他県への移転は写真も必要。
■ペット 新住所地の管轄保健所に書類を提出し、新しい鑑札を受ける。
■自動車の登録変更 転入後 15日以内に引っ越し先の陸運事務所に連絡。
必要なものは車庫証明、車検証、新住民票、印鑑、車。
■各種保険の住所変更 生命保険・損害保険会社へ住所変更の電話連絡。
■転校手続き ・公立小・中学校
転出校で「在学証明書」、「教科書給付証明書(小学校の場合)」の発行を受けて、新住所地区の市区町村役場に提出します。

・高校・私立小中学校
編入試験がありますので、転入希望校へ行き、早めにご相談下さい。

 
 
Copyright © GoodLife. All rights reserved.